TOP

外壁塗装をdiyで行う方法は?茂原市の業者が解説

2019年2月25日

「外壁が劣化してきたので、自分でどうにかしたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
経年劣化があるため塗装工事は、おおよそ10年に1回塗り替えを行わなければなりません。
しかし、工事を依頼すると費用がかなりかかってしまうため、diyで済ませたいという方もいらっしゃるようです。
今回は外壁塗装をdiyで行う方法について解説していきます。

 

□diyの方法は?

*洗浄

外壁塗装を行う際、まず必要となるのが洗浄です。
高圧洗浄機で壁に付着した汚れや、カビ、コケを除去していきます。
これを怠ると新しく塗装する塗料がうまく付着せず、すぐに剥がれてきてしまうなどの不具合が起こってしまいます。

*下地処理

塗装の前に行うのは洗浄だけではありません。
下地処理といって、外壁に見られる劣化によるひび割れや剥離を補修しなければならないのです。
この工程も、省略すると塗料がうまく付着しないため、本来の機能を発揮できなくなってしまう恐れが出てきます。

*養生

本来塗料を施さない部分に塗料が付着しないように、養生を行う必要があります。

*塗装

diyの場合、外壁に塗装する塗料を自分で選び、ローラーなどの専用道具を使って塗料を塗っていきます。
塗装は基本的に「下塗り」「中塗り」「上塗り」といって3回行います。
どの塗る作業も、終わった後に十分な乾燥時間を設けなければなりません。
時間を短縮したいからと言って乾燥を十分に待たないまま、次の塗料を重ねて塗ってしまうと、後で不具合が起きる原因になってしまいます。

 

□diyはおすすめできる?

結論から申し上げますと、外壁塗装をdiyで行うことはおすすめできません。
先程紹介したとおり、塗装工事には様々な工程が存在し、普段塗装に関わっていない人が行うにはかなりの時間と労力を要します。
プロである専門業者に依頼すればおよそ2週間で終わる塗装工事も、diyで行うとなると3ヶ月程度かかると言われます。
また、diyによる塗装では高所での作業による事故も発生しており危険も伴います。
素人と職人の塗装技術には大きな差があり、塗装の仕上がりが大きく違ってくるのもおすすめできない理由の一つです。
塗料のもつ本来の耐久性や防汚性といった機能は、技術のある人が塗装しなければ十分に発揮されないのです。

 

□まとめ

今回は外壁塗装をdiyで済ませる方法について解説しました。
説明したとおり、diyは安く済ませられるというメリットがある反面、工事に伴う危険や手間、完成度を考慮するとおすすめできるものではありません。
外壁塗装をお考えの方はぜひ専門の業者に相談して依頼してください。

外壁・屋根の無料診断受付中!

K-STYLEでは外壁・屋根の無料診断・点検を行っております。紫外線や排気ガス、 風雨などの影響で、住まいを守る塗装は少しずつ痛むものです。
気になる点などありましたら、お気軽にお問合せください。

お問合わせはこちらから 株式会社K-STYLE 代表・高野浩二です

無料資料請求はこちら ご請求は千葉県内の一般家庭に限らせていただきます。

施工エリア-Area-

施工エリア

いすみ市を中心に下記のエリアで外壁塗装・屋根塗装を行っております。地域密着で責任を持って施工しておりますので、エリア外のお客様はお断りさせていただく場合がございます。

茂原市・長生郡・いすみ市・御宿町・大多喜町・勝浦市

いすみ市のリフォーム補助金 最大10万円の補助金 外壁塗装・屋根塗装でも使えます

低金利・保証人不要 株式会社K-STYLEのリフォームローン

外壁塗り替え用色決めシート 透ックス

THERM EYE サーモアイ 入門編PDFダウンロード

ポスティングスタッフ募集中!

facebook

twitter

株式会社K-STYLEおすすめ塗料

  • ASTEC PAINTS
  • PERFECT SERIES
  • ニッペ ファイン4Fセラミック
  • UVプロテクトクリヤー
  • HANA COLLECTION
  • 光触媒塗料・コーティング材 ハイドロテクトコート
  • GAINA
  • ナノコンポジットW