TOP

基礎塗装(ベースガード)

2018年12月24日

ベースガードの特徴

建物の基礎を塗装で守るベースガード
ベースガードの用途は一般的な塗料とは異なり、コンクリートでできた基礎を防護することを第一の目的として作られています。
実はコンクリートでできている基礎はアルカリ性なのですが、酸性雨が降ったり、空気中の二酸化炭素と結合すると、中性化が進みます。すると表面に細かなひびが入り、雨水などが浸入します。また、中性化が進むと内部にある鉄骨の被膜も消失してしまい、鉄骨の腐食が起こります。腐食した鉄筋は体積が膨張するので、表面のひび割れを促進してしまったり、剥離を引き起こしてしまうのです。建物の基礎が劣化すれば、それは即ち建物の性能低下を意味します。
ベースガードを塗布しておけば、ひび割れ、中性化から基礎部分を守ることができます。
伸縮性・防水性
ベースガードには弾性機能があります。巾木(はばき)などのコンクリートでひび割れが起こっても追随できるため、雨水などの浸入からコンクリートを守ります。

 

中性化を防ぐ塗材
ベースガードはコンクリートと同じアルカリ性の上塗り材です。コンクリートの中性化を抑えることができるので、躯体部を劣化から守ることができます。

 

高い耐久性
ベースガードは耐候性試験3000時間をクリアーした高耐久塗材です。この数字は12年に相当するので、いかに高い耐久性を備えているかがわかります。

 

透湿性
ベースガードは防水性を備えていると同時に透湿性を兼ね備えています。基礎は地面と接しているため、水を吸い上げてしまいます。すると内側に湿気が発生し、膨れが起こってしまう可能性があるため、従来は防水塗料を塗ることができませんでした。ベースガードなら、湿気の心配をせずに使うことができます。

 

対応素材
ベースガードはコンクリートにのみ対応しています。

 

株式会社K-STYLEでは基礎塗装(ベースガード)工事の診断、お見積り無料で行なっております。

外壁・屋根の無料診断受付中!

K-STYLEでは外壁・屋根の無料診断・点検を行っております。紫外線や排気ガス、 風雨などの影響で、住まいを守る塗装は少しずつ痛むものです。
気になる点などありましたら、お気軽にお問合せください。

お問合わせはこちらから 株式会社K-STYLE 代表・高野浩二です

無料資料請求はこちら ご請求は千葉県内の一般家庭に限らせていただきます。

施工エリア-Area-

施工エリア

茂原市を中心に下記のエリアで外壁塗装・屋根塗装を行っております。地域密着で責任を持って施工しておりますので、エリア外のお客様はお断りさせていただく場合がございます。

茂原市・長生郡・いすみ市・御宿町・大多喜町・勝浦市・東金市・鴨川市・市原市・千葉市・袖ヶ浦市

短工期・低価格!K-STYLEの屋根カバー工法

低金利・保証人不要 株式会社K-STYLEのリフォームローン

匿名で!簡単に!お見積りも!LINEで無料相談

外壁塗り替え用色決めシート 透ックス

THERM EYE サーモアイ 入門編PDFダウンロード

ポスティングスタッフ募集中!

facebook

twitter

株式会社K-STYLEおすすめ塗料

  • ASTEC PAINTS
  • PERFECT SERIES
  • ニッペ ファイン4Fセラミック
  • UVプロテクトクリヤー
  • HANA COLLECTION
  • 光触媒塗料・コーティング材 ハイドロテクトコート
  • GAINA
  • ナノコンポジットW