TOP

コケとカビの違いを教えて!茂原市の外壁塗装

2019年4月14日

外壁にびっしりと発生したコケとカビ…
放っておくと健康や家そのものにもよくありません。
コケとカビの違いって、何?
どうやって処理すればいい?
今回は、そんな外壁の厄介者であるコケとカビのご紹介をいたします。

□コケとカビの見分け方

コケとカビを分ける大きな違いは、植物か、細菌かということです。
これを踏まえて、以下の違いを見てみましょう

*日向でも生えているか

コケは植物なので、ある程度の湿度があれば、光合成をおこなって養分を生み出すことができるので、日向でも生きていけます。
一方、カビは湿度の高いところでしか生きていけないので、日の当たるところには発生しません。

*緑色かどうか

コケは植物なので緑色ですが、カビは黒色や白色、黄色などの色をしています。

□コケとカビの危険性

*コケの危険性

コケの危険性は、なんといってもその保水性です。
外壁にとって、水や湿気は天敵。
劣化を早める要因になります。
コケは水分を蓄えながら生えるので、外壁にとって、良くない存在なのです。

*カビ

カビの危険性は、アレルギー症状を引き起こす可能性がある点です。
特に子供がカビを器官から吸い込んでしまうと、ぜんそくなどにかかってしまうこともあります。
コケと違って、人体に直接影響を及ぼすのです。

□コケやカビを見つけたら

コケやカビを見つけたら、繁殖しないうちに除去しましょう。

*コケの場合

コケを取り除き、付着した土や落ち葉をブラシなどで落とします。
外壁ではなく地面に付いているコケも胞子を飛ばして外壁のコケを再発させてしまうので
同じく除去しましょう。
汚れがきになるのであれば、漂白剤とブラシを使って綺麗にしてください。

*カビの場合

市販のカビ除去剤を使って除去します。
カビも除去剤も人体にとってあまり良くないので、吸い込まないように必ずマスクを着用してください。

どちらの場合も、再発を防ぐために、清掃後は湿気が溜まらない環境づくりが必要になります!

□業者にお願いしよう

低いところに繁殖しているコケやカビであれば、ある程度自分で対応できますが、高所に繁殖している場合や、範囲が広くて手がつけられない場合は、業者に除去を依頼しましょう。
除去後の黒ずみや汚れなども綺麗にしてもらえます。

□まとめ

今回は、実は怖いコケやカビのご説明でした。
とにもかくにも、できるだけ繁殖を食い止めるために、見つけ次第の早急な対応が大切です。
屋根・外壁のコケやカビにお困りの方は、株式会社K-STYLEへご相談ください。

 

外壁・屋根の無料診断受付中!

K-STYLEでは外壁・屋根の無料診断・点検を行っております。紫外線や排気ガス、 風雨などの影響で、住まいを守る塗装は少しずつ痛むものです。
気になる点などありましたら、お気軽にお問合せください。

お問合わせはこちらから 株式会社K-STYLE 代表・高野浩二です

無料資料請求はこちら ご請求は千葉県内の一般家庭に限らせていただきます。

施工エリア-Area-

施工エリア

茂原市を中心に下記のエリアで外壁塗装・屋根塗装を行っております。地域密着で責任を持って施工しておりますので、エリア外のお客様はお断りさせていただく場合がございます。

茂原市・長生郡・いすみ市・御宿町・大多喜町・勝浦市・東金市・鴨川市・市原市・千葉市・袖ヶ浦市

短工期・低価格!K-STYLEの屋根カバー工法

低金利・保証人不要 株式会社K-STYLEのリフォームローン

匿名で!簡単に!お見積りも!LINEで無料相談

外壁塗り替え用色決めシート 透ックス

THERM EYE サーモアイ 入門編PDFダウンロード

ポスティングスタッフ募集中!

facebook

twitter

株式会社K-STYLEおすすめ塗料

  • ASTEC PAINTS
  • PERFECT SERIES
  • ニッペ ファイン4Fセラミック
  • UVプロテクトクリヤー
  • HANA COLLECTION
  • 光触媒塗料・コーティング材 ハイドロテクトコート
  • GAINA
  • ナノコンポジットW